エッチをした後でおしっこが近くなるのは病気?

MENU

女性はセックスをした後に、しばらくの間頻尿になってしまう人が結構います。このエッチの後の尿意について病気かどうか心配になる方は多いのではないでしょうか。今回はこの原因について書いていきます。

 

 

膀胱炎・尿道炎になっている可能性

女性の方が尿道が短いため男性よりも膀胱炎になりやすいとされています。またこの膀胱炎は一度かかってしまうと再発しやすいといいます。エッチをした後に膀胱炎になる場合には雑菌性が一つ考えられます。尿道を通り膀胱に菌が侵入し、炎症を起こしてしまうと軽い痛みが発生しますが、これを尿意と感じてしまいます。膀胱炎の特徴として残尿感があるため、すぐにトイレに行きたいあるいは頻尿という症状になるんです。

 

膀胱炎を予防する方法は?
雑菌と上述しましたが、実際にこの原因となる菌は大腸菌がほとんどであるといわれています。パートナーの手や口、性器の周りにある菌が尿道に侵入しないようにしなければなりません。性行為の前には、お互いにシャワーを浴びて体を清潔にすることで防止につながります。また、男性の愛撫についても手を洗ってもらってからが良いです。日ごろから帰ったらうがいと手洗いをする習慣づけも結果として効果があると思います。

 

また、最も効果がある膀胱炎・尿道炎の予防方法は、エッチをした後でおしっこをすることです。性行為のあとにおしっこを出すことで尿道に入ってきてしまっている大腸菌をはじめとする雑菌を洗い流しましょう。

 

雑菌性の膀胱炎や尿道炎は危ないの?
膀胱炎の炎症が小さい場合には、普段の生活ではわからない方もいらっしゃるようです。エッチをしたときに刺激や摩擦されることで炎症が悪化するということがあります、時間がたてば炎症が治まりまた違和感なく生活をしてしまいがち。性行為をするたびにおしっこが近くなるという自覚症状がある方は炎症が起こっている可能性を疑ってもよいと思います。

 

 

 

クラミジアなどの性病の可能性

クラミジアに感染すると膀胱炎と同じように尿道や性器に違和感が現れます。軽い痛みや刺激という形の症状になります。この刺激を脳が尿意と勘違いをして頻尿となる事例が多くあります。

 

また、女性の場合にはクラミジアにかかっていても自覚症状がないという方が80%以上という病気です。頻尿くらいの症状でも決して安心せずに違和感を感じたら検査することをお勧めします。エッチをしたらどうしても性感染症の可能性はあります。お互いに他の人と性行為をしたり、そういうサービスをするお店に行かなければほとんどの場合には感染することはありません。ただし、今や性感染症はその患者数を伸ばしているということから、前の彼女や彼氏にうつされていて、気づいていないという場合もあります。すぐにパートナーの浮気を疑うよりも、まずは治療を開始するところにエネルギーを費やしましょうね。

 

女性の場合には自覚症状がないこともあり、結婚後妊娠した後の産婦人科の初期検査で感染に気付く方もいるようです。やはりブライダルチェックではないですが妊活を始める前に簡易的な検査を受けておくことをオススメします。